このような症状残っていませんか?

交通事故のケース

自動車、自転車、バイク、歩行者対自動車など、交通事故の種類にはさまざまです。ぶつかった箇所や、タイミング、またぶつかった対象物などによって、事故の重症度も変わってまいります。経験豊富で、事故の後遺症などの知識も豊かなスタッフが施術を行います。そのため、どんな交通事故後の症状にも、幅広くフォローしております。

よくある事故のケース

道路上で起こる人身事故の多くが車両(自動車・バイク・自転車等)対車両、歩行者対車両です。
その中でも当院で来院されるタイプとして、追突による事故が圧倒的に多いです。次いで出合い頭の事故
、接触による事故(自動車 歩行者・バイク・自転車)となっております。

  • 追突事故
  • 出合い頭の事故
  • 接触による事故

追突事故・出会い頭事故では、車と車の衝突により「むちうち症」を患って来院されるケースが多いです。
むちうち症はレントゲンでは異常が見つかりにくい上に、交通事故直後には症状が現れないことが多いため、事故後すぐに家事や仕事を行って症状を重くしてしまうという実例が少なくありません。後遺症や改善の見込めない障害を残さないように、少しでも違和感を覚えたら早期にケアを始めましょう。

接触による事故では、歩行者やバイクなどが自動車に巻き込まれて負傷するケースが多く、打撲や捻挫、ひどい場合には骨折を伴います。
生身の体に数トンもの衝撃が加わるため、直接ぶつかった部分以外にも痛みが出たり、転倒することにより二次的な負傷をきたすことがあります。緊急性がない場合でも、油断せず出来るだけ速やかに病院で精密検査を受けましょう。
骨折等の大きなケガで入院を余儀なくされてしまった場合でも、早期の社会復帰を目指し退院後・固定除去後は積極的にリハビリを開始しましょう。

追突事故・出会い頭事故では、車と車の衝突により「むちうち症」を患って来院されるケースが多いです。
むちうち症はレントゲンでは異常が見つかりにくい上に、交通事故直後には症状が現れないことが多いため、事故後すぐに家事や仕事を行って症状を重くしてしまうという実例が少なくありません。後遺症を残さないように、少しでも違和感を覚えたら早期にケアを始めましょう。
接触による事故では、歩行者やバイクなどが自動車に巻き込まれて負傷するケースが多く、打撲や捻挫、ひどい場合には骨折を伴います。
生身の体に数トンもの衝撃が加わるため、直接ぶつかった部分以外にも痛みが出たり、転倒することにより二次的な負傷をきたすことがあります。緊急性がない場合でも、油断せず出来るだけ速やかに病院で精密検査を受けましょう。
骨折等の大きなケガで入院を余儀なくされてしまった場合でも、早期の社会復帰を目指し退院後・固定除去後は積極的にリハビリを開始しましょう。

こんな症状ございませんか?

当院では患者様に施術をする前に、体にどういう痛みがあるか?どのような動きで痛みが強くなるか?としっかりチェックを行っています。
そのなかで、「ここにも痛みがあった」といって、患者様ご自身でも気づかれていない身体の症状が出てくる場合もあります。軽傷だからといって、痛みをそのままにしないことが大切です。

  • 首の痛みや違和感がある
  • 頭痛、めまい、吐き気がある
  • 肩が痛い、挙がりにくい
  • 腕や手にしびれがある
  • 背中や胸に痛みや違和感がある
  • 腰に痛みや違和感がある
  • 膝が痛みや違和感がある
  • 足が痛い、だるい

直接の外力で起こる打撲やねんざ、レントゲンでの骨の異常以外に、上記のような症状は「どうやって痛めたのか?」と原因がわからず放置してしまいがちです。
また時間が経過してから症状が現れるケースも多く、レントゲン等で異常がないからと言ってそのままにしておくと、後遺症につながっていく可能性がありますのでご注意ください。

  • 首の痛みや違和感

衝撃により頭の重みで、首がムチの様に揺さぶられて首の周りにある筋肉・腱・靭帯などの軟部組織が損傷してしまう「むちうち症」による症状です。
むちうち症は通称で、正式には「頚椎捻挫」「頚部捻挫」と診断されます。骨に異常なしの場合でも、レントゲンに写らない軟部組織の微細な損傷・炎症・緊張がこれらの症状を引き起こしています。

  • 頭痛、めまい、吐き気がある

これらの症状もむちうち症によって起こることが多くあります。特に頭痛は「ズーン」と頭が重たい、頭が締め付けられるような筋緊張性頭痛が多いです。これはむちうちによって首の筋肉が緊張して引き起こされます。
他にもこめかみ付近が「ズキンズキン」と脈打つように痛くなるいわゆる片頭痛(血管性頭痛)は、むちうちによって自律神経に異常をきたすと起こります。
めまいや吐き気などの不定愁訴も自律神経の不調によって引き起こります。
「事故の前もたまに頭痛やめまいはあった」という場合でも、事故後に発症してしまったものはこれらの原因が考えられます。痛み止めの薬だけで我慢せず適切な施術を受けましょう。

 
  • 肩が痛い、挙がりにくい

直接肩をぶつけたり捻ったわけでもないのに痛い場合は、ハンドルを握ったまま衝撃が肩に伝わって周囲の筋肉や関節が損傷していることが考えられます。

 
  • 腕や手にしびれがある

しびれは神経にダメージが与えられたり、圧迫したりすることによって起こる症状です。腕や手の神経は首(頚椎)から出ています。むちうちなどによって首にダメージが加わり神経を損傷したり、周囲の筋肉が緊張することで神経が圧迫されたりすることでこれらの症状が起こります。

  • 背中や胸に痛みや違和感がある

事故の衝撃が首の運動範囲を超えて胸椎が伸展、屈曲されることで、背中や腰までつながっている背部筋群がダメージを受け痛みや筋肉の緊張が起こります。
胸の痛みは、衝撃によって体が前や横に押し出される形になり、シートベルトに食い込むことで起こる場合があります。
シートベルトの当たっている鎖骨、胸の筋肉、肋骨に痛みが出ます。ハンドルに胸を強打した場合はひどいもので呼吸器や内臓を損傷する可能性がありますので、呼吸がしにくい・お腹が痛む場合は精密検査を受ける必要があります。

  • 腰に痛みや違和感がある

背中の痛み同様、事故の衝撃が腰に波及し、腰背部筋群がダメージを受け痛みや筋肉の緊張が起こります。また腰椎にズレを起こす力(剪断力)や椎間板に圧迫力が加わり背骨のゆがみやヘルニア症状を併発している場合があります。

  • 膝が痛みや違和感がある

事故の衝撃は一瞬なので気づかないうちに、膝をハンドルやダッシュボードにぶつけている場合があります。またブレーキペダルを強く踏み込むことで捻ったり、足から突き上げる力が加わり膝関節を痛めることもあります。

  • 足が痛い、重たい

膝の痛み同様、ブレーキペダルを強く踏み込むことで足関節を捻り痛めている場合があります。また衝撃に対して強く踏ん張ってしまうことで、下肢の筋肉に過度の負荷が加わり、肉離れの症状を引き起こします。

  • 首の痛みや違和感

衝撃により頭の重みで、首がムチの様に揺さぶられて首の周りにある筋肉・腱・靭帯などの軟部組織が損傷してしまう「むちうち症」による症状です。
むちうち症は通称で、正式には「頚椎捻挫」「頚部捻挫」と診断されます。骨に異常なしの場合でも、レントゲンに写らない軟部組織の微細な損傷・炎症・緊張がこれらの症状を引き起こしています。

  • 頭痛、めまい、吐き気がある

これらの症状もむちうち症によって起こることが多くあります。特に頭痛は「ズーン」と頭が重たい、頭が締め付けられるような筋緊張性頭痛が多いです。これはむちうちによって首の筋肉が緊張して引き起こされます。
他にもこめかみ付近が「ズキンズキン」と脈打つように痛くなるいわゆる片頭痛(血管性頭痛)は、むちうちによって自律神経に異常をきたすと起こります。
めまいや吐き気などの不定愁訴も自律神経の不調によって引き起こります。
「事故の前もたまに頭痛やめまいはあった」という場合でも、事故後に発症してしまったものはこれらの原因が考えられます。痛み止めの薬だけで我慢せず適切な施術を受けましょう。

  • 肩が痛い、挙がりにくい

直接肩をぶつけたり捻ったわけでもないのに痛い場合は、ハンドルを握ったまま衝撃が肩に伝わって周囲の筋肉や関節が損傷していることが考えられます。

  • 腕や手にしびれがある

しびれは神経にダメージが与えられたり、圧迫したりすることによって起こる症状です。腕や手の神経は首(頚椎)から出ています。むちうちなどによって首にダメージが加わり神経を損傷したり、周囲の筋肉が緊張することで神経が圧迫されたりすることでこれらの症状が起こります。

  • 背中や胸に痛みや違和感がある

事故の衝撃が首の運動範囲を超えて胸椎が伸展、屈曲されることで、背中や腰までつながっている背部筋群がダメージを受け痛みや筋肉の緊張が起こります。
胸の痛みは、衝撃によって体が前や横に押し出される形になり、シートベルトに食い込むことで起こる場合があります。
シートベルトの当たっている鎖骨、胸の筋肉、肋骨に痛みが出ます。ひどいもので呼吸器や内臓を損傷する可能性がありますので、呼吸がしにくい・お腹が痛む場合は精密検査を受ける必要があります。

  • 腰に痛みや違和感がある

背中の痛み同様、事故の衝撃が腰に波及し、腰背部筋群がダメージを受け痛みや筋肉の緊張が起こります。また腰椎にズレを起こす力(剪断力)や椎間板に圧迫力が加わり背骨のゆがみやヘルニア症状を併発している場合があります。

  • 膝が痛みや違和感がある

事故の衝撃は一瞬なので気づかないうちに、膝をハンドルやダッシュボードにぶつけている場合があります。またブレーキペダルを強く踏み込むことで捻ったり、足から突き上げる力が加わり膝関節を痛めることもあります。

  • 足が痛い、重たい

膝の痛み同様、ブレーキペダルを強く踏み込むことで足関節を捻り痛めている場合があります。また衝撃に対して強く踏ん張ってしまうことで、下肢の筋肉に過度の負荷が加わり、肉離れの症状を引き起こします。

交通事故が原因の身体の不調は、なかなか周囲の人に理解してもらえない事が多く、精神的に辛い状況が続く場合がほとんどです。上記のような症状が出ている方は、症状がひどくなる前に、また気づいた時になるべく早期に対処しましょう。